« 福島県調停協会連合会実務研究会 | トップページ | 和歌山大学での法教育シンポジウム »

2005年10月28日 (金)

今年最初の法律教室

昨日(10月27日)、今年初めて高校へ出向いて、3年生全員を対象にした総合学習の時間での法律教室を実施してきました。私の事務所がある福島県郡山市中心部より車で約40分のところに位置するいわゆる田舎の小さな県立高校です。(今年、市町村合併で市に統合されました)3年生全員約100名が体育館で準備をしている間、校長室でしばし懇談。

校長先生いわく、田舎の子どもたちで、純朴。もしかしてだまされやすいかもしれないと。ほとんどの子どもたちが自宅から通える範囲内での就職、進学を選択しています。それぞれの家庭の経済状況もいいとは言えず、借金が原因で両親の離婚、母子家庭、父子家庭も少なくない、授業料免除者も少なくないとのお話でした。

生徒の中に私の住む郡山市内から1時間の距離を雨の日も雪の日も毎日自転車で通学した野球部員がいるとの話をお聞きしました。パートで働くお母さんと二人暮しで、交通費を節約するために起伏の激しい通学路を必死に通い続けたとのことでした。

体育館で待っていてくれていた子どもたちの目は輝いて見えました。司法書士としてというよりも、一人の大人として、いつの間にか子どもたちにエールを贈っていました。福島県司法書士会では、平成10年から高校生を対象にした法律教室事業を継続してまいりました。今年から、社会公益活動委員会が組織され、広い県土をカバーできるように支部単位での担い手の養成に力を入れ始めています。

今回は4人の司法書士がショートコントを交えながら自分たちも楽しみながら話をしました。今年、講師用マニュアルを全面改訂し、会員全員に配布を予定しています。毎回、他の司法書士の話にいつもうなずき、学ぶこともたくさんあります。子どもたちの前で話す司法書士はみんな、輝いているのではないでしょうか。

今年もできる限りたくさんの学校へ出かけていきたいと考えています。また、報告します。

|

« 福島県調停協会連合会実務研究会 | トップページ | 和歌山大学での法教育シンポジウム »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/130023/6706267

この記事へのトラックバック一覧です: 今年最初の法律教室:

« 福島県調停協会連合会実務研究会 | トップページ | 和歌山大学での法教育シンポジウム »