« 2005年10月 | トップページ | 2005年12月 »

2005年11月13日 (日)

筑波大学付属中学校研究協議会

11月12日(土)に都内文京区にある筑波大学付属中学校で開催された研究協議会に出席をしてまいりました。

毎年行われる協議会では、教科別の公開授業、研究協議が行われているそうで、全国各地の教員や教育学者等が参集し、モデル授業を素材に討論をする機会となっているそうです。

私は、法務省法教育研究会・法教育推進協議会でご一緒させていただいている付属中学校の館潤二教諭の社会科における憲法の授業を参観、それを受けての「社会科における法教育の実践」(登壇者江口筑波大学教授、大杉文部科学省視学官、丸山法務省司法法制部付検事、鈴木弁護士)というテーマでの協議会に出席をしました。

研究協議会では、法教育を「法の背景にある原理を学ばせる思考型・参加型の教育」「自由で公正な社会の形成を目指すことを生徒自身が主体的に学ぶ」という意義を説明した後に意見交換が行われました。社会科教育が目指す「公民的資質の養成」と法教育が目指すものは大きく重なるという共通認識は社会科教員にあるということがわかりました。

ゆえに、法教育は新しいものではなく、これまでの社会科教育を「法教育のフィルターを通してみて見る」ことにより、公民的分野で大切なものを浮き上がらせることができるのではないかという意見がありました。

今回公開授業が行われた筑波大学付属中学校は、自他とともに認める知的レベルの高い子ども達が通う環境ですので、モデルとして行われたような授業を全国的に広げるには言葉のバージョンを変えるなど子ども達に合わせた工夫が必要なのではないかという意見もありました。文部科学省の大杉視学官は、時間をかければ、どの中学校でも実践できると発言をされましたが、その時間的な余裕がないのも教育現場の現実かもしれません。

意見交換の中で、江口教授から司法書士会の法教育の取り組みについての発言を求めれれ、若干の報告をさせていただきました。大阪での教員との協働授業の取り組みや全国的な取り組み、法教育のエキスを加えた消費者教育の実践等をお話いたしました。

法教育を新しいものとしてではなく、これまでの教育実践の中でも実現できるものであるという認識が教員の中に芽生えていくことが法教育の広がりには必要なのでしょう。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2005年11月10日 (木)

地元私立高校での法律教室

11月9日、私の地元、福島県郡山市内の私立高校での「未成年のための法律教室」に仲間3人と一緒に行ってきました。福島県司法書士会では、今年度から「社会公益活動委員会」を組織し、法律教室事業等社会公益活動推進のための活動により積極的に取り組もうという意欲に燃えています。

昨日おじゃました高校の教頭先生に子どもたちの携帯電話の利用についてお尋ねをしたところ、「禁止はしていない」「正しい使い方、正しい管理の仕方を指導している」とのことでした。規制するのではなく、今の時代、必要な道具となっていることを認め、正しいルールを教えようという考え方です。これも法教育は目指すものと同じ考えなのでは?と直感しました。規制するだけが法やルールの役割ではなく、お互いの権利を調整し、よりよい関係を築いていくという役割もあるということを認識すべきかと思います。

帰宅後、私たちの話を聞いていたという知人のお嬢さんから感謝の電話をいただきました。ほんの60分間の中でどれだけのことを伝えられたのかはわかりませんが、私たちが「ホンモノ」を伝えることにより、子どもたちが考えていく、気付いていくヒントを与えることができればそれだけでもいいのかな?とも考えています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年11月 7日 (月)

和歌山大学での法教育シンポジウム

11月5日に和歌山県司法書士会と和歌山大学学園祭実行委員会との共催でおこなわれた標記シンポジウムに参加をしてきました。テーマは「生きる力となる法教育」でした。私が委員長を務める日本司法書士会連合会初等中等教育推進委員会の委員でもある堀端和歌山県司法書士会副会長の熱い思いで実現したシンポジウムでした。(小牧美江司法書士のブログでも紹介されています。http://k-mie.cocolog-nifty.com/ )

堀端氏は大学生に対する消費者教育・法教育の必要性を強く感じ、すでに様々な計画が進んでいた大学祭実行委員会に乗り込み(?)その熱い思いを実行委員会、さらには大学側にも訴えて実現にこぎつけたそうです。

学生支援課には学生から様々な消費者被害の相談が持ち込まれているそうです。大学生年代では契約当事者としての場面に立つ機会も多くなるのでしょう。大学生協の会員証にクレジット機能がついているそうです。大学生は年齢的には「大人」としての扱いをされます。より注意深くなる必要があるということでしょう。

シンポジウムでは、和歌山県司法書士会員のリアル感のある寸劇を楽しく見させいただきました。大学の演劇部も交えての名演技でした。ヤミ金業者との電話でのやり取りの生々しい録音テープも聞かせていただきました。学生たちはどのように感じたでしょうか。

にぎやかな大学祭のキャンパスでは様々な模擬店が開かれていて、学生たちが小さなビジネス体験をしていました。お金を稼ぐだけが目的の模擬店ではないでしょうが、お客の信頼を得るために質のいい商品の提供等、ビジネスの大変さも体験してくれればと思いながら歩いていました。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

« 2005年10月 | トップページ | 2005年12月 »