« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »

2006年4月28日 (金)

初めての涙

私は長年、多くの多重債務者の相談を受け、救済手続きを行ってきました。今も、毎日のように相談者、依頼者の訪問を受けています。

多重債務問題は、法的手続きによる救済だけでは真の解決にはならないないかもしれません。これから先をどう生きるか、いかに生活設計をしていけるかが大事なのでしょう。そのためには、法的な視点だけではなく、生活全般、そして心理的なサポートをしていくことをすることが必要です。

昨日、破産手続きを終えた依頼者が事務所を訪れてくれました。一流大学を出て、一流企業でバリバリ働いていた彼は、私とほぼ同じ年齢です。それでも、「先生」と慕ってくれ、時々事務所に来て、話をしていきます。私と話すことによって、自分自身に力を与えようとしていたのかもしれません。仕事への決意や家族への責任、そんな話をしていきます。そんな彼が、マイホームも手放し、子ども4人と奥さんとの小さなアパートでの生活のスタートの報告をしにきてくれました。今は派遣社員として遠方の工場にJRで通いながら働いています。高校生の長男は何も言わずにアルバイトで稼いだお金を全部を差し出してくれるそうです。家族の力はすごいものです。そんな状態で苦しんでいるお父さんをみんなで励まし、なによりも常に父親としての尊敬をしている子どもたちはすごいと思います。

彼は、心からの感謝の言葉を私にくれました。そんな彼の心からの言葉が私の胸に強く響き、司法書士になって初めて依頼者の前で涙を流してしまいました。彼の苦しみをどれだけ受け止め、負担を軽くしてあげることができたのかはわかりません。初めて相談に来た当初は、予定時間に連絡もなく遅れた彼を強い口調で叱ったこともありました。それから、彼は約束を必ず守ってくれました。

司法書士は依頼者の人生の岐路に立ち会うことがある、時には人生を大きく左右する場面に関わる仕事をすることがある・・・と新人研修講師の時に話をしたこともあります。苦しい思いの相談者に応えてあげるには、相談を受ける私たちは精神的にも健康でなければなりません。元気を与えてあげなければなりません。

司法書士はすばらしい仕事だと私は確信をしています。市民のそばで、市民とともに歩む。そんな司法書士という仕事が大好きです。心からのうれしい涙を流すことができました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月16日 (日)

ボーイスカウト活動

私が「教育」に直接関わりを持っているのは、司法書士という職業を通じての「消費者教育」「法教育」、そして、ボーイスカウト運動という社会活動を通じての「青少年教育」があります。

ボーイスカウト活動については、多くのみなさんに知られるところかと思いますが、心身ともに健康な青少年を育て、そしてよりよい社会人として自立できる力を育むことを目的としています。そのために多くの活動は自然の中で行われ、成長段階に応じて異年齢で組織するクルー(隊)の中で規律を学び、他人に奉仕する経験もしていきます。

私自身も少年の頃は身体も心もひ弱(?)であったために、小学校3年生の時に両親から強制的に入隊させられました。そして、今も指導者として子どもたちとともに自然の中ではしり回っています。実は、今日の午前中もそんな時間をすごしました。「今どきの子どもたちは・・・」と言うけれど、私が二十数年指導者として子どもたちと接している中では今も昔も子どもは子ども、愛すべきかわいらしさがあります。

私もボーイスカウト活動を通じて、報いを求めない奉仕の精神を学びました。純粋に人のために何ができるのか、目の前で助けを求めている人に出会ったら今の自分に何ができるのかを考え、行動することを身につけてきました。これは、司法書士としても、社会人としても、そしてひとりの人間としても大事なことなのでしょう。

子どもたちは、異年齢の活動を通じて、グループの中で親分を作り、役割分担をし、そしてルールを作ります。大自然の中でのキャンプでは、それがきちんと機能しないと生活ができないことも身をもって体験します。みんなが働かなければ食えないのです。こんな体験が大人になったときに自然と役に立っていくのでしょう。すぐに結果が出ない活動だけにスポーツ少年団や部活に力を入れていく子どもたちも少なくありませんが、生涯教育としてのボーイスカウト活動の精神は今こそ大事なのではないかと思うこのごろです。その理念は、「法教育」の精神とも重なり合っていきます。

街角でボーイスカウトの子どもたちに出会ったら、ぜひ、声をかけてあげてみてください。みんな、元気に挨拶をしてくれると思いますよ。

私のボーイスカウトのユニフォームにつけているネームプレートには、「高橋いつも元気太郎」というかつて子どもたちから命名されたボーイスカウト名が刻まれています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »