« 相談者からの手紙 | トップページ | 無人島での生活 »

2006年7月25日 (火)

大阪司法書士会の取り組み

7月20日に東京で日本司法書士会連合会の法教育推進委員会に出席、一度地元郡山市に戻り、翌21日午前中に簡易裁判所の法廷に立った後、午後の飛行機で大阪へ飛びました。目的は、夕方から開催される大阪司法書士会の法律教室講師に登録している司法書士のみなさんの勉強会に参加をすることでした。詳細は、法教育仲間の小牧美江司法書士のブログを参照にしてください。

http://blog.goo.ne.jp/k-mie_2006/e/eed34f67c0b59d1d181928911ab71a0c

大阪では、教員との協働授業の実践やそれを通しての教材研究、法テラスにおける法教育情報提供のための講師名簿の整備等、充実した、かつ先駆的な活動がなされています。そんな熱い「現場」を体験したくて出かけてまいりました。

24日は、法務省での法教育推進協議会でした。千葉大学付属小学校における法教育授業実践の報告を受けての意見交換、また、都内中学校で実施された裁判員教材に基づく実践授業に関する意見交換が行われました。法教育研究会で提示した4つの教材例、ベーシックな法教育の実践を積み重ねたうえでの裁判員授業がなされるべきではないか、裁判員制度の導入に向けて、制度広報授業に傾きかけているのではないか・・・という趣旨の意見を述べさせていただきました。法教育が迷子にならないことを望んでいます。

他人の意見を聞く、自分の意見を述べる、といった大事な要素がこめられている法教育の考え方はどんな授業でも活用できるという前出の千葉大学付属小学校の先生のことばにあらためて法教育が教育の基礎となる考え方を含んでいるということを心に刻むことができました。

|

« 相談者からの手紙 | トップページ | 無人島での生活 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/130023/11090546

この記事へのトラックバック一覧です: 大阪司法書士会の取り組み:

« 相談者からの手紙 | トップページ | 無人島での生活 »