« 法教育を考える分科会のご案内 | トップページ | 全国青年司法書士協議会研修会 »

2006年8月24日 (木)

第9回法教育推進協議会

8月22日、まだクールビズ姿が主流の霞ヶ関の法務省会議室で第9回目となる法教育推進協議会が開催されました。毎月1回、福島県郡山市の事務所から約2時間余りをかけての小旅行、2時間程度では首都圏では通勤範囲内でしょうか?時間があるときは、日弁連会館の書店で専門書を探します。

さて、今回の会議では、まず元東京大学総長の佐々木毅氏から政治学者の視点から、また教科書作成に関わってきた立場からの講演がありました。教科書の作成側の視点での教科書評価は興味深いものがありました。「教科書は理想的な社会像を描き、それを発信し続けてきている」「そのような限定的な社会イメージゆえに想定の範囲が狭くなりがち」といった指摘がありました。なるほど。で、あればそれをどうしたらいいのでしょう。私たち司法書士は教科書と社会の現実とをつなげることができると思い学校へ行き、子どもたちの前で話をしてきました。教室の中では黒子的な役割かもしれませんが、何かを伝えたいという思いを抱いています。教科書人間では想定外のイレギュラーなことが目の前におきた場合に対処できるか、応用ができなければ社会では生きていけないのではないでしょうか。そんなことも「生きる力」となるのではないでしょうか。

もうひとつのテーマは「裁判員制度」教材案の検討でした。法教育が裁判員制度の広報に利用されてしまうのではないかという危惧を抱いてきました。今回の協議会では、制度教育は最低限で制度を支えるこれからの子どもたちにはもっとベーシックな法教育をすべきだという認識を協議会の中であらためて感じることができました。これからさらに教材検討部会の中でよりよい教材作りが進められることを期待したいと思います。

|

« 法教育を考える分科会のご案内 | トップページ | 全国青年司法書士協議会研修会 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/130023/11586659

この記事へのトラックバック一覧です: 第9回法教育推進協議会:

« 法教育を考える分科会のご案内 | トップページ | 全国青年司法書士協議会研修会 »