« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »

2006年12月24日 (日)

第12回法教育推進協議会

12月22日、法務省会議室において、第12回法教育推進協議会が開催された。各方面の専門家を招聘しての法教育に参考となる意見をお聞きする機会が続いていますが、今回は、司法制度改革審議会会長も務めた現近畿大学法科大学院の佐藤幸治教授から「日本国憲法の保障する「基本的人権」の意味について~「法教育」との関連において」というテーマでのお話をいただきました。

法教育については、現実の社会に生きる一人一人の立場から法をとらえ、能動的な姿勢で学ぶことが必要、システムを学ぶものではない、という法教育研究会での考え方を評価されていました。また、統治主体として、国民が社会に対しても責任を負っているという意識の高揚が必要であり、そのために法教育が果たすべき役割も大きいというお話もありました。

佐藤教授が現在関っているロースクールにおいても、学生と社会との接点を持つ活動として、法教育の活動に参加させたいという考えも述べられました。ロースクールが法情報の拠点として、法テラスと連携をしていくことも考えられるのではないかというこれまでにはない視点での考えも述べていました。

佐藤教授が公民の教科書の最後に書いたという「公民を学んで」という一説が私の心に響くものがありました。

「わたしたちは、一人一人がかけがいのない存在としてこの地球に生まれ、それぞれの個性に応じた生き方を見い出し、その生命を全うして次の世代へとバトンタッチしていきます。一人一人にとって二度とない人生です。わたくしたちは、一人一人の人間がこのようにかけがいのない尊い存在であることを、おたがいに認め合うことから出発しなければなりません。」

「わたくしたちはそれぞれの人生を自らの力で切り開く努力をするとともに、多くの人たちによって生かされていることにも思いをおよぼしながら、他の人たちのためにも生きることの意味を実感したいものです。」

私は、ひとりの司法書士として、また、ひとりのおとなとして、今の社会の現実を見つめながら、先達たちが築いてきた社会のすばらしさを子どもたちに伝え、さらにより幸福で豊かな社会とするために君たちが主人公として主体的に社会を作り上げていって欲しいということを法律教室という活動を通して、仲間とともに語り続けています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月11日 (月)

奈良県司法書士会法教育研修会

12月10日日曜日、奈良市内の鹿たちがのんびりと過ごしている奈良公園内にある奈良県新公会堂というすばらしい会場で、近畿司法書士会との共催で標記研修会が開催されました。「法教育研修~法教育の現場から~」というテーマでの研修会で、基調講演として私がお話をさせていただく機会をいただきました。自身の体験、全国の取組み状況等を報告しながら、1時間弱法教育についてお話しをさせていただきました。

講演後、私よりも年上の司法書士さんから声をかけていただきました。比較的若い司法書士さんが学校等へ出向いてお話しをしているようですが、司法書士以外の人生も積んだ人たちが子どもたちに語りかけるということもとても魅力的なことではないでしょうか?若い方とは違う味のある話が聞けそうです。おとなへの法教育も大事、教育するおとなが法教育を学んでいなければ子どもたちに伝えることはできない・・・というご意見もいただきました。もっともですね。

休憩時間に周りの景色をぼ~っと眺めていたら、地元の司法書士さんに奈良の魅力を話していただきました。帰りに大仏殿の雰囲気だけを外側から味わうことができました。鹿の赤ちゃんがお母さんのおっぱいを飲むほほえましい姿にも遭遇をしました。奈良のみなさんのやさしさを感じた一日でした。

法教育を通じて出会った人たちはだれもがとてもこころが豊かなやさしい人ばかりです。素敵な出会いをこれからも求めていきたいと思います。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年12月10日 (日)

群馬県司法書士会での意見交換会

12月9日(土)午後、群馬県前橋市の群馬県司法書士会の会館において、関東ブロック司法書士会に所属するみなさんを対象にした「法教育推進のための意見交換会」が開催されました。この意見交換会は、全国あまねく法教育(法律教室事業)に取り組んでもらおいうと開催をしているものです。今年度は10月に愛媛市で四国ブロック司法書士会を対象に開催、来年2月には北海道ブロックを対象に旭川市で開催を予定しています。

昨日は、東京、栃木、新潟、静岡、長野、群馬から法教育を担当するみなさん、現場で講師を努めているみなさんが参加してくれました。これから取り組もうとしている地元群馬会からは、会長さんも参加をしていただきました。

各地での取り組みを知ることは、とても有意義なものです。人材確保・育成のために、身近な地域で参加をしやすいように支部組織を活用した取り組みは各地で行われているようです。新潟では、ビデオを作成し、県内各地で見てもらい、それを見て誰もができるという方法を進めているということでした。栃木では、朗読劇のシナリオを作り、子どもたちに参加をしてもらうという方法(効果音あり)を取り入れているということでした。東京では、支部長を対象にした法律教室の実演を行い、それを機会に支部での取り組みをしてくれるようになったということでした。

今、各司法書士会では多くの事業を抱えている中、法教育(法律教室)事業にも熱心に取り組んでいただいていることにいつも感動と共感を抱いております。これからの社会を築く子どもたちを育てる「教育」に少しでも司法書士の立場で関れることにすばらしさを感じ、また、同じような仲間が全国にいるという心強さを感じております。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月 2日 (土)

地元高校での法律教室

日本司法書士会連合会(日司連)や法教育推進協議会(法務省)での法教育推進活動を行う私の「基地」はやはり地元での法律教室活動です。福島県司法書士会では、平成10年から活動を始めました。今年は37の高校から開催申し込みがきています。福島県は広い県土を有し、皆さんご存知(?)の会津磐梯山があり、新潟県に隣接する会津地方、太平洋に面する浜通り地方(いわき)、そして、県都福島市や経済県都とされる郡山市、そして白河の関でも有名な白河市がある中通り地方があります。今年からは、できるだけ地元密着型の方法で、その地域に事務所を有する司法書士仲間に地元の高校へ行ってもらおう、そして講師の拡大に努めようという方針で活動を展開しています。私も参加した11月30日の法律教室には、地元司法書士会の支部長に参加をしていただきました。始まるまでは相当に緊張していましたが、本会で準備した資料を目を通すものの、本番では、見事、自分の言葉で子どもたちに熱く語っていました。

やはり「現場」はいいものです。

本日は、日弁連のシンポジウム「みんなにとどけ 消費者教育」に参加のために東京に来ています。法教育仲間の伊見司法書士が司法書士会の取り組みの報告をすることになっています。あらためて報告します。,

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »