« 自立する力 | トップページ | 司法書士法教育ネットワーク »

2007年3月27日 (火)

旭川での法教育意見交換会

3月24日午後、旭川市内で開催された日本司法書士会連合会主催の北海道ブロックにおける法教育の意見交換会に行って参りました。

北海道には、札幌、旭川、函館、釧路と4つの司法書士会があります。札幌は司法書士会員数も多く、積極的に高等学校を中心に消費者教育・法教育事業を行っていますが、他の各会は、少人数で多くの事業を行っているという実情があります。意見交換会には各会の担当役員や講師として教育現場で実践をしている会員の参加があり、この事業の重要性については十分に認識を深めてもらったかと思います。

されど、人がいなければ事業もできないというのが小規模会が抱える大きな悩みかと思います。今回北海道に出向いて、まさに現場の苦悩というものを肌で感じてまいりました。ニーズがあれば、対応するために他会からの講師派遣ということも考えていかなければならないかも知れません。人材バンクの創設や相互支援の方法も考えていかなければならないでしょう。

教員側への理解も深めていく努力をしなければなりません。教育の機会は均等にすべきだという意見もありました。私たち司法書士がずべての高校に講師を派遣するということはできません。教育現場での主体的な法教育・消費者教育の実践に法律実務家として支援することも大切な役割かと思います。

200~300キロという移動距離を日常的に会話をする北海道の司法書士のみなさんのすごさ、これには驚きました。でも、そこにも司法書士がいるのですね。往路は羽田経由で飛行機を利用して約5時間、復路は電車~寝台列車を乗り継いで約14時間。今回の旅は滞在時間は少なかったものの、現場のみなさんの気持ちを知ることができて大変有意義なものでした

ともに参加した法教育推進委員会の仲間の熱い語りに心を動かしてくれた北海道のみなさんにこれからの活動を期待したいと思っています。

|

« 自立する力 | トップページ | 司法書士法教育ネットワーク »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/130023/14425050

この記事へのトラックバック一覧です: 旭川での法教育意見交換会:

« 自立する力 | トップページ | 司法書士法教育ネットワーク »