« 男女共同参画社会の実現へ | トップページ | 高齢者・障害者の財産と福祉を守る成年後見電話相談会 »

2008年8月 4日 (月)

星空を見ながら

8月2日の深夜11時からボーイスカウトの中学生、高校生らとともにオーバーナイトハイクに挑戦、7時間で27キロの距離を一歩一歩かみしめながら歩き通した。星空を見つめながら、カエルや虫の声を聞きながら、また、深夜の交通量の多さを感じながら、声を掛け合いながらひたすらゴールを目指した。

今、子供たちは深夜型が多いのだろうか。眠気を訴える者はいない。しかし、普段歩く機会が少ないのだろうか、後半は足を引きずる者が増えてきた。原始的に生きてきた私は、日常生活では睡眠している時間に起きていることが不思議。睡魔との苦闘が続けられた。歩くことは人間の基本。歩き通せたことに自分の足に感謝。

新しい朝を迎えることができたことに感謝!感謝!

|

« 男女共同参画社会の実現へ | トップページ | 高齢者・障害者の財産と福祉を守る成年後見電話相談会 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/130023/42056996

この記事へのトラックバック一覧です: 星空を見ながら:

« 男女共同参画社会の実現へ | トップページ | 高齢者・障害者の財産と福祉を守る成年後見電話相談会 »