« 相談者の心と向き合うために | トップページ | 福島の法教育への取組み »

2009年6月22日 (月)

日本司法書士会連合会定時総会にて

6月18日、19日の両日、千葉県浦安市の東京ベイホテル東急において、定時総会が開催された。多くの議案を二日間にわたり、全国50会の会長、代議員が熱心に議論を行った。

私は、2年前の定時総会で承認された「市民ひとり一人の立場にたった法教育を実践する決議」を受けてのこの2年間の連合会の取組みについて質疑を行った。質疑冒頭、連合会の法教育推進委員会の精力的な活動、また各地での全国会員の取組みに対して敬意と感謝の意を表明させていただいた。

連合会担当者からは取組み状況について報告があったが、さらなる組織的取組みを推進することによって、地域での活動がより活性化するよう望むところである。

法テラスとの連携については、司法支援部門との連携をしつつさらに働きかけをしたいとの答弁があった。法教育研究会報告書にも法教育情報提供等のための連携については、さらに進めていただきたい。

支援型法律家を目指すとする連合会の方針の実現には、私たち自身がより法教育の精神、市民を主役とするための自身の立ち位置をあらためて確認をしていく必要があるのではないだろうか。

|

« 相談者の心と向き合うために | トップページ | 福島の法教育への取組み »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/130023/45417705

この記事へのトラックバック一覧です: 日本司法書士会連合会定時総会にて:

« 相談者の心と向き合うために | トップページ | 福島の法教育への取組み »