« 福島県司法書士会研修会「司法制度改革~法教育」 | トップページ | 声を聴く法律家 »

2009年8月25日 (火)

福島県市町村教育委員会連絡協議会での講演

福島県内の各市町村にある教育委員会で組織する連絡協議会での研修会に招かれ、「法教育の可能性」というテーマでお話をさせていただきました。自身の体験を交えて、中学校や高等学校での法律教室の模様を紹介するとともに、生涯教育の視点、また教育の基礎となる法教育の考え方等をお話しました。約1時間の講演後、いくつか質問もいただき、道徳教育の大切さ、拙速に導入されて制度面の先行している感のある裁判員制度への意見、また親への教育の必要性、年少時期からの法教育の必要性等、教育委員として活躍されている民間のみなさんならではの貴重なご意見もいただき、私自身も勉強となる有意義なひとときでした。

法律実務家として、社会と教室をつなぐ役割を果たせる司法書士の姿も知っていただきました。今後、あらたな交流が各地の教育委員会を通じても広がることを期待しつつ、私たち自身もさらなる社会公益活動の担い手として活動していく必要性を社会から求められるよう努めてまいりたいと思います。

|

« 福島県司法書士会研修会「司法制度改革~法教育」 | トップページ | 声を聴く法律家 »

コメント

昨日は、講演有難うございました。
法教育の、大切さを再認識させられました。
今後も、ご活躍を期待しまして簡単ですが御礼に代えさせて頂きます。

投稿: 近内 | 2009年8月25日 (火) 22時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/130023/46023366

この記事へのトラックバック一覧です: 福島県市町村教育委員会連絡協議会での講演:

« 福島県司法書士会研修会「司法制度改革~法教育」 | トップページ | 声を聴く法律家 »