« 大地震から2週間 | トップページ | 被災市民救援無料電話相談(福島県司法書士会)スタート »

2011年3月31日 (木)

日々の安否確認作業

福島県司法書士会会員数は東北地方太平洋沖地震発生時279名でした。地震発生直後から安否確認作業を最優先に進めてまいりました。現在3名の安否確認がとれておりません。地震発生直後に家族で県外等へ避難された会員も多く、連絡がなかなか取れない状況が続きました。あらゆる手を尽くして情報収集に努めております。ただただ無事を祈るばかりです。昨日は、いわき市の未確認会員の自宅兼事務所を訪ねましたが、雨戸がしっかりと閉められ、準備をして他の場所へ避難しているのかと・・・期待を込めてメモを置いてきました。無事の連絡を待ちますと。

昨日30日は、いわき市方面に出向いてきました。全国的にも原子力発電所の放射能の影響が懸念されると報道され、まさに風評被害を受けている地域です。安全ですよ!地震後多くの市民が避難し、しばらくは町の中が閑散としていたと現地を案内してくれた同職が言っていましたが、昨日は車の数も多く、ガソリンスタンドには長蛇の列、飲食店も開店しているところが増えてきているようでした。

全国的にも知られている小名浜港、アクアマリンふくしま周辺を車で通りましたが、津波の傷跡が大きく残されていました。同職に案内されて出かけた海岸(豊間)は先日訪ねた相馬と同じように多くの建物が壊滅、かまぼこ工場があったとの地区は瓦礫の山でした。壊滅的な被害を受けた地元信用金庫の建物の前に「私たちは必ず復興する、みなさんのお手伝いをする!」といった内容のメッセージが書かれていました。

海岸を離れると、何もなかったような、いわき市らしい、穏やかな風景が続いていました。「ふくしま」というだけで様々なものが拒まれているという悲しいニュースも聞きます。豊かな心、「福」を全国に発信してきた「ふくしま」をぜひ、応援してください!

|

« 大地震から2週間 | トップページ | 被災市民救援無料電話相談(福島県司法書士会)スタート »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/130023/51261791

この記事へのトラックバック一覧です: 日々の安否確認作業:

« 大地震から2週間 | トップページ | 被災市民救援無料電話相談(福島県司法書士会)スタート »