« 「計画的避難区域住民」避難始まる | トップページ | 避難所巡回相談 »

2011年5月23日 (月)

恩師の死

幼少期から参加してきた青少年活動のボーイスカウト運動の指導者であった恩師が亡くなりました。87歳。生涯現役のボーイスカウト指導者でした。常に真剣に取組め、前を向いて歩め、そして社会に奉仕できる人間になれ、とボーイスカウト活動を通じて人としての生き方を身を挺して教えを受けてきました。教えを受けた私たちはすでに指導者として多くの子どもたちの指導者として日々活動をしていますが、教えられたとおり、常に「現場」で同じ目線で子どもたちと活動する基本姿勢は身にしみています。ゆえに、頭で考える前に行動してしまう、動きながら考えるという生き方が身体の中にしっかりと根づいているのでしょう。

昨日の葬儀、多くの子どもたち、教え子が集まりました。全国から集まりました。恩師を中心に強い絆でつながってきたことをあらためて強く感じるひと時となりました。今を生きる、真剣に生きる、そして震災で厳しいときこそ、社会に奉仕することを忘れるな、ということをボーイスカウトのユニフォーム姿の遺影から語りかけているような気がしました。

葬儀の前の2時間余り、東日本大震災で避難しているみなさんの避難所での相談活動に参加してきました。まだまだ法律相談は多くはありませんが、日々の生活への不満、今後の不安といろいろな話をお聞きしてきました。お話を聞くだけでも少しでも心を和らげることにお役に立てればと願うところです。

恩師の教えに心に刻まれた「奉仕の心」、いつまでも忘れないでいたい。そして伝えていきたいと思います。

|

« 「計画的避難区域住民」避難始まる | トップページ | 避難所巡回相談 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/130023/51745665

この記事へのトラックバック一覧です: 恩師の死:

« 「計画的避難区域住民」避難始まる | トップページ | 避難所巡回相談 »