« 連休中の震災対策活動 | トップページ | 「計画的避難区域住民」避難始まる »

2011年5月12日 (木)

子どもたちの悩み、親の悩み

福島第一原子力発電所の事故の影響で、放射能線量値が高いとされている地区での子どもたちの屋外での活動が制限されています。私の住む郡山市もしかりです。浜通りのいわき市よりも高い数値が測定されています。学校の校庭の表土が削り取られ、されど、その土が同じ校庭に積み上げられているという不可思議な実態。部活動も時間制限、親の同意がないと活動に参加できないという現状もあります。

私が指導者として関わるボーイスカウト活動も、原則屋外での活動を想定したものですが、教育委員会でのお達しには保護者のみなさんも敏感で、思い切り外で走り回る集会ができない環境の中、子どもたちは、家でゲームに興じ、ストレスは溜まる一方とのこと。放射能の影響のない県内外への移動集会も検討せざるを得ないかもしれません。

人災と言われている今次の原子力発電所の事故、将来ある子どもたちに与える影響は、大きすぎるものかもしれません。

|

« 連休中の震災対策活動 | トップページ | 「計画的避難区域住民」避難始まる »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/130023/51651161

この記事へのトラックバック一覧です: 子どもたちの悩み、親の悩み:

« 連休中の震災対策活動 | トップページ | 「計画的避難区域住民」避難始まる »