« 中国ブロックのみなさん、ありがとう! | トップページ | 風評被害と闘うフクシマ »

2011年6月15日 (水)

避難を勧める区域新設へ

今朝(15日)の地元紙(福島民報)のトップ記事がこのタイトルでした。年間放射線量推計値が20ミリシーベルトを超えると予測される地域が対象となる見込み。

これまで、「警戒区域」「計画的避難区域」「緊急時避難準備区域」とそれぞれ指定されてきましたが、新たに設けられる区域は局地的に放射線量の高いいわゆる「ホットスポット」が対象になります。これには福島市内の特定区域も対象となる可能性があると報道されています。

風評被害がますます広がる可能性もあります。自ら命を絶つ県民も出てきました。大きな心の負担、日々不安感が増す中、どのように歩むべきか、先行き不透明の中、苦しい福島県民の生活が続きます。

福島に全国から司法書士同職のみなさんの支援があります。「現場」でぜひフクシマの苦悩を知っていただきたい。そんな切なる思いが募ります。

|

« 中国ブロックのみなさん、ありがとう! | トップページ | 風評被害と闘うフクシマ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/130023/51947786

この記事へのトラックバック一覧です: 避難を勧める区域新設へ:

« 中国ブロックのみなさん、ありがとう! | トップページ | 風評被害と闘うフクシマ »