« 放射線量測定器 | トップページ | 中国ブロックのみなさん、ありがとう! »

2011年6月13日 (月)

震災から3ヶ月

大震災から3ヶ月が経過しました。被災建物や道路の修繕は進んでいます。しかし、福島県民が心に抱える不安は増すばかりです。東京電力福島第一原子力発電所事故の収束への道筋が見えず、毎日不安になる報道ばかりです。

地元紙から今次の大震災に関する数字を拾ってみると・・・県内外での避難生活者約59,000人、県外避難者35,557人、全都道府県に9,9998人の幼稚園から高校までの子どもたちが転校。

11日の地元紙のトップは「つきまとう風評」とのタイトル。地震、津波、原子力被害に加えて、風評被害と複合的災害による被害を受けている福島県民の落ち着かない日々はいつまで続くのでしょうか。

その中でも、福島県司法書士会の会員は、懸命に福島県民のために支援活動、相談活動を続けています。自らが重いものを抱えつつ、被災された市民のみなさんとともに少しでも前を向いて歩んでいこうと・・・。

|

« 放射線量測定器 | トップページ | 中国ブロックのみなさん、ありがとう! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/130023/51930548

この記事へのトラックバック一覧です: 震災から3ヶ月:

« 放射線量測定器 | トップページ | 中国ブロックのみなさん、ありがとう! »