« 被災者支援新聞広告のための取材 | トップページ | ふくしまのこどもたちの夏 »

2011年7月11日 (月)

震災から4ヶ月

今日で震災から4ヶ月です。今朝は新聞各社が休刊日のために、昨日の朝刊で特集記事が掲載されていました。新聞から拾った様々な数字をいくつか紹介します。

福島県内避難者は14,983人(15市町村)、旅館ホテル等の二次避難所への避難です。仮設住宅や借り上げ住宅への移転が進んでいるために、1ヶ月で2,758人減少しています。

体育館や公民館等の一時避難所で暮らす避難者は2,798人。1ヶ月で半減しています。県では8月末までに一次、二次避難所とも原則として閉鎖する方針を示しています。一次避難所で最多の避難者が暮らすのは、郡山市のビッグパレットふくしまの457人です。酷暑の中、健康管理等に心配があります。

福島県外への避難者は35,776人。1ヶ月で219人の増加。避難先は46都道府県全てに及んでいます。子どもたちの転校も多く、健全な家庭生活が維持できない家庭も増えているかと思います。

放射能汚染では、特定避難勧奨地点に指定される箇所(いわゆるホットスポット)が増えています。戦々恐々としている指定地域の住民の不安は募るばかりです。

ホットスポットとは、局地的に放射線量が高い地域の為に、健康リスクの高い小学生以下の子どもたちや妊産婦さんのいる家庭では避難希望者が少なくありません。

|

« 被災者支援新聞広告のための取材 | トップページ | ふくしまのこどもたちの夏 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/130023/52176941

この記事へのトラックバック一覧です: 震災から4ヶ月:

« 被災者支援新聞広告のための取材 | トップページ | ふくしまのこどもたちの夏 »