« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »

2011年11月29日 (火)

相馬市のおやじさん

福島県の沿岸部にある相馬市は、東日本大震災で津波の被害を大きく受けました。震災後ガソリンがなく、地元の会員と電話連絡を続けていましたが、2週間後にようやく現地に出向くことができました。市内の学校や体育館等は避難所として使われており、街の中もまだまだ落ち着かない様子、地元のみなさんの挨拶は「無事だったかい?」からはじまります。

相馬市で30数年司法書士として活躍するおやじさん、加藤三郎司法書士は、震災後地元の関係士業団体の仲間と相談会を始めました。震災前から今年は相談会を立ち上げようと話をしていた矢先の震災だったそうです。

福島市から約50キロ、山道を約1時間20分ほど走ると相馬市中心部に着きます。途中には特定避難勧奨地域、いわゆるホットスポットもあり、携帯する放射線量計が気持ち悪く鳴り続ける区間もあります。

この相馬市に開設された相談会は相馬市役所の庁舎内にあり、県内外からの相談支援の司法書士が毎日詰めています。現在、近畿ブロック、中国ブロック、神奈川、群馬、新潟、そして山形と各地からの応援受けております。相談件数の少ない日もあります。遠方から駆けつけてくれたみなさんには申し訳ない気持ちで送る日もあるとこの加藤のおやじさんは言います。でも、ありがとう・・・と心からの感謝の気持ちで見送るのが俺の仕事だ、と語ってくれました。

市民が落ち着きを取り戻し、復興へと進む中で、この相談所もだんだんと縮小していくかもしれません。それは前を向いて歩みだした証ととらえてもいいのではないでしょうか。震災後、まっ先に定点の相談所として立ち上げをしてくれた加藤のおやじさんのバイタリティーすごいものがあります。

私も何度も峠を越えて相馬市に向かいました。これからも加藤のおやじさんの顔を見にいきます。震災1年余り前の平成22年5月には相馬市内で会の総会を開催しました。その町が大きな被害を受けました。海に沈む家々、寸断された線路、津波で流され、意識の中では住宅街があったことを復元できない広い空間・・・加藤のおやじさんの車で案内してもらったこともありました。

いつもいつも感謝の気持ちを忘れない大先輩の加藤のおやじさんには多くのことを学び、身をもって魂を伝えてもらいました。相談活動を長く続けるための方法をこれから一緒に考えていかなければなりません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月28日 (月)

今週の一言(法学館憲法研究所)

http://www.jicl.jp/hitokoto/index.html

法学館憲法研究所の「今週の一言」に拙文を寄せさせていただきました。お読みいただければ幸いです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月21日 (月)

北海道ブロックとの協議会開催

先週末、東北ブロックと北海道ブロックの両司法書士会の協議会が仙台市で開催されました。東日本大震災後だけに開催をするかどうかという時期もありましたが、無事開催、しかも有意義な意見交換をすることができました。仙台の夜はにぎやかでした。宮城県は復興に向かっているなと感じるひと時でした。協議会の翌日は、宮城県会長らの案内で被災地訪問も行われたということです。全国からご心配、ご支援をいただく中、直接被災地を訪れていただけるということはありがたいことです。今月30日には福島市で原発賠償請求に関する研修会も予定されております。司法書士同職のみなさん、どうぞ、足をお運びください。

私の地元福島県郡山市は、各所で建物の取り壊し工事が行われています。危険建物に認定されると、市で工事費を助成してくれるということで、工事業者の順番待ちで順次取り壊されています。道路沿いのあちこちに空き地が生まれ、今まで何気なく通っていた道から見る風景が一変していることに気付くこともしばし。

これからどのような街づくり構想が生まれていくのでしょうか。まだまだ人の流出が止まらない街に熱いものがよみがえるのはいつになるのでしょうか。生き生きとした街の空気を取り戻したい、そんな夢を描きながら、日々街の中を走っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月15日 (火)

原発補償説明会&生活再建相談会終わる

県内6会場で開催された標記説明会等は、被災司法書士が被災して避難生活を送る市民のみなさんに共感を呼び、各会場とも多くの方に足を運んでいただいておりました。全国各地からの司法書士仲間からの応援も心強いものでした。

司法書士会のジャンパーを着て立っておりましたら、会場を後にする前に70歳呼び止められ、警戒区域で自営していたクリーニング業を廃業せざるを得なくなった悔しさ、そして日々の節約した苦しい生活、3日に一度の入浴、電気代を節約のためにこたつで身を寄せながらの生活、初めて体験する寒冷地での冬への不安、介護する高齢の親の心配等幾重にもなる不安と悩みを吐露して行かれました。その絞り出すような止まらな言葉の一つ一つに無念さを感じてしまいます。

私自身、福島県民と言えども家があり、仕事もあります。それらを奪い去られたみなさんを考えると幸せすぎるとも思います。当事者意識はあるとはいえ、身に迫るものではないとも思います。だから・・・このような相談会でもできる限り被災されたみなさんの生の声に耳を傾けていかなければならないと思っています。

俺たちのことを忘れないでくれ!との悲痛な叫びが聞こえます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月 9日 (水)

ふだんどおりに いつもどおりに

3.11の震災後、被災地の司法書士会の会長としては、できるだけ早く通常の会務にもどそうと努めてまいりました。非常時の中、ふだんどおりにそしていつもどおりにということがいかに大切で大変なことかということをしみじみ感じております。

私の一日の始まりは毎日夜明け前です。朝刊の配達前には事務所で静かに仕事をしています。震災後はほとんど震災関連情報だったラジオ放送も今や平時の内容にもどりました。福島県内の環境放射線量が時折伝えられるのがまだまだ被害進行中の状態でもあります。

大変な中、そんな中で生きていかなければならない私たち。フクシマで生きる!フクシマのために!そんな思いを抱きつつ、ふだんどおりの毎日を、朝を迎えることができることに小さな喜びを感じる日々です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月 8日 (火)

原発補償金説明会&生活再建相談会

福島県青年司法書士協議会主催(福島県司法書士会及び日本司法書士会連合会後援)による標記説明会等が6日に福島市と白河市で開催されました。今週末の12日と13日には県内4会場で開催されます。自らが被災し、まさに原発補償請求の当事者である司法書士会員がする説明は被災者のみなさんにはより身近に感じていただけたのでしょうか。会場の雰囲気は良かったようです。

まだまだ原発事故は継続中という福島県民の心の中は重いものがあります。司法書士がどれだけの力になれるかはわかりません。法律を厳密に解釈すると業務範囲を超える面もあろうかと思いいますが、頼られれば応えるというのが司法書士資格者の多くの資質かとも思いいます。背伸びをせずにこのように市民のみなさんとともに歩む、考えるという姿勢がこれからも求められるのではないでしょうか。

日課の朝の散歩。相変わらず携帯する放射線量計のアラームが鳴りつづける地域があります。見えない敵と戦う、戦場で生きる福島県民の姿は全国各地ではどのように映っているのでしょうか。

時の経過とともに忘れてしまわれることがいちばん心配。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月 2日 (水)

原発補償請求に関する臨時研修会開催予定

11月30日(水)午後1時より5時まで、日司連と福島県司法書士会の共催で原発事故による損害賠償補償請求に関する研修会を開催することとなりました。

会場は福島市駅前です。各司法書士会を通じて案内があろうかと思いますので、お時間のある方、全国から定員100名で参加を募ります。フクシマへぜひおいでください。

第1講は原子力損害賠償紛争解決センター(原発ADR)の福島事務所長である浅井嗣夫弁護士、第2講は被災者でもあり、まさに補償請求当事者でもある福島県司法書士会の渡辺和則、菅波佳子両会員です。

平日の午後ですが、今後全国各地に避難している福島県民の相談の対応も増えるかと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »