« 原発事故収束?宣言 | トップページ | 新しい年を迎えて »

2011年12月27日 (火)

法教育推進協議会(第27回)

年に数回開催される法務省の法教育推進協議会の委員に数年ぶりに復帰しております。昨日は法教育に関する懸賞論文の審査がありました。質の高い内容の論文が多く、選考に頭を悩ませましたが、入賞作は本文を読んだだけで授業風景を想像できる論文ばかりでした。また、岐阜の朝日大学における法教育の取り組みの報告がありました。「教育はあまねく」という発言が大学と連携する弁護士からの報告の中で語られ、なるほど、という気づきがありました。私たちがスポット的に行う出前講座が果たして「あまねく」学校現場にその効果を伝えきれているかどうか、振り返る必要があるのではないかと課題を持ち帰りました。地方大学の法学部の地域に密着した取り組みには学ぶ点がたたありました。岐阜県では来年法教育プロジェクトが行われるとのこと。司法書士会の協力もしていかなければならないでしょう。

|

« 原発事故収束?宣言 | トップページ | 新しい年を迎えて »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/130023/53579633

この記事へのトラックバック一覧です: 法教育推進協議会(第27回):

« 原発事故収束?宣言 | トップページ | 新しい年を迎えて »