« 原子力損害賠償紛争審査会(3月16日中間指針第二次追補) | トップページ | 原発事故被害賠償金請求書(第3回、自主避難) »

2012年3月19日 (月)

水島朝穂早稲田大学教授の講演

東日本大震災から1年を迎えた3月11日の前日、福島県郡山市で福島県司法書士会の会員研修会を開催、基調講演として憲法学者である早稲田大学の水島朝穂教授に「東日本大震災と復興への道筋~憲法の視点から」というテーマでお話をいただいた。

先生は、震災後何度も被災現場に足を運び、自らの目で、被災地の状況を確かめ、被災地の人々と語り合ってこられました。その生きた取材題材に、憲法学者の視点問題点を指摘する、胸を熱くする講演でした。

使命として被災住民の権利擁護に力を尽くせとの熱いメッセージもいただきました。先生のホームページをご紹介します。ご覧ください。

http://www.asaho.com/jpn/index.html

|

« 原子力損害賠償紛争審査会(3月16日中間指針第二次追補) | トップページ | 原発事故被害賠償金請求書(第3回、自主避難) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/130023/54256390

この記事へのトラックバック一覧です: 水島朝穂早稲田大学教授の講演:

« 原子力損害賠償紛争審査会(3月16日中間指針第二次追補) | トップページ | 原発事故被害賠償金請求書(第3回、自主避難) »