« 原発賠償請求説明会・相談会 | トップページ | 日本司法書士会連合会第75回定時総会 »

2012年6月24日 (日)

法務省法教育推進協議会

20日に法務省で法教育推進協議会が開催され、島根県立壱岐高校の武藤教諭と一般社団法人リーガルパークの今井弁護士からの法教育の取り組みについての報告がありました。武藤教諭は、いわゆる僻地校での実践をほうこくしていただき、法教育への挑戦の実践を熱く語っていただきました。報告の中でいくつかのキーワードがありました。「法教育とは既成の概念や枠組みが通用しない現代社会における創造性を育む教育ツール」「大人(教師)の志が試されている」 挑戦しなければ何も生まれないとの精神で果敢に熱くチャレンジするその姿に感銘を受けました。リーガルパークの今井弁護士は組織での活動の枠を超えたところでの法教育を続けています。法科大学院学生を法教育の担い手にする構想等、ここでも新たなチャレンジが行われていることを知りました。様々な取り組みがつながる場がこの協議会であってもいいのかなと感じた会議でした。

福島のこどもたち、そして子どもの未来に不安を抱えるお父さんお母さんのサポートも必要な被災地であります。私たち司法書士の取り組みの中でなにができるか、これもチャレンジしていくしかありません。

来月、福島県南相馬市に「復興支援事務所」として固定の相談センターを開設することとなりました。法律問題を扱う相談センター機能に加えて、様々な被災者支援のみなさんとの連携拠点としても機能できるように長期的な取り組みをしていきたいと考えております。もちろん、法教育の取り組みにもかかわれるようにしたいとも思います。

|

« 原発賠償請求説明会・相談会 | トップページ | 日本司法書士会連合会第75回定時総会 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/130023/55040831

この記事へのトラックバック一覧です: 法務省法教育推進協議会:

« 原発賠償請求説明会・相談会 | トップページ | 日本司法書士会連合会第75回定時総会 »