« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »

2012年8月31日 (金)

子どもの笑顔

8月が終わります。明日から9月。この夏、近所の公園で子どもたちの声を聴くことはほとんどありませんでした。ラジオ体操も中止だったのでしょうか?

今日、久しぶりに近所の公園でまっ黒く日焼けした子どもたちが元気に遊んでいる姿を見かけました。みんな笑顔です。子どもはやっぱり「外」が似合います。

ふくしまのお母さんたちの心配はなかなか消えません。でも子どもたちは外で走り回りたい・・・何を守り、何を優先したらいいのでしょうか。

この先のこと、今はわからないことが福島には10年単位で明らかになっていくのでしょう。外で遊ぶ子どもたちは実験用モルモットではありません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年8月27日 (月)

歓迎 ようこそふくしまへ!

震災直後より、全国各地から相談員の派遣をいただいております。7月に開所した南相馬復興支援事務所には毎週末に相談員を派遣していただき、福島県会員と情報交換等をもおこなっております。

時とともに忘れられてしまうのでしょうか、この未曽有の大震災ですら、日常の流れの中に埋もれてしまうのではないかとの危機感を抱いております。

そんな中、司法書士同職のみなさんには全国からの支援をいただき、心強く思っております。毎日誰かと電話、メールの交換をし、毎月何人ともお会いすることが震災直後から続いています。

先週末には神戸大震災を経験した近畿ブロックから兵庫県会長と奈良県会長に相談支援の帰りに私の地元に足を運んでいただき、有意義な意見交換の時間を持つことができました。

これからも全国各地からの来県者にはできる限りお会いして福島の実情をお伝えし、全国に避難している福島県民の支援に力を貸していただければと思うところです。

福島の問題を全国の問題に、そしてある面では世界の問題として考えていかなければなりません。生まれ故郷を根こそぎ奪い取られた悔しさと悲しみは当事者でしかわからないこと、私も福島県民とはいえ、本当の当事者としての苦しみは体験していません。

忘れたい、忘れてほしい、でも忘れてほしくない、忘れたくない・・・心の葛藤は続きます。

いつふつうに戻れるのでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年8月23日 (木)

臨時会長会開催

21日に臨時会長会が開催されました。緊急の招集にも関わらず全会から出席がありました。テーマは原発事故に関する原子力損害賠償紛争解決センター(原発ADR)に対する申立書作成について司法書士法の解釈により「できる」ことを確認、作成業務については民事法律扶助を活用する旨の説明がメインでした。

財物賠償に関しての作業が進む中で地元では相談が増えてきております。より情報の共有、研鑽を重ねていかなければなりません。

東電社員の子どもへのいじめが多発しているとのニュースを目にしました。悲しいことです。企業の責任をそこに勤める社員の子どもに向けられる、しかもいじめにつながっているということ、考えられません。根底には大人の問題があるのではないでしょうか。家庭での会話、家庭教育での正しい情報を伝えることができていないことなのではないでしょうか。

「怒り」のエネルギーは時として大切かと思いますが、「怒り」は幸福の芽を摘むこともあります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年8月19日 (日)

東京電力・建物の修復費用等に関する賠償

警戒区域等の住民のみなさんのもとに建物の修復費用等に関する賠償の請求書が東京電力より送られているようです。

建物の本賠償の先行払いという性格を持ったもののようです。登記情報を基礎情報に請求書には賠償金額が印字されています。登記手続きをせずに登記簿に現況が反映されていないものについては除外されています。

よって、今まさに私たち司法書士が支えてきた「不動産登記」が注目をされています。法務局や各地の相談会にもこの件に関する相談が多く寄せられています。

先週は私の事務所にも警戒区域から避難をしている方が相談に訪れました。登記の意味、建物の登記は申請をしないと変更にならないこと、現地確認ができない立ち入り禁止区域内の建物の登記手続きの困難性等、時間をかけて説明、また賠償についても説明をしました。

東京電力の相談窓口ではていねいに説明をしてくれるようですが、人災ととされる原因者に対する「怒り」の思いが強い方が多く、私たちのもとに相談に訪れる方もたくさんいます。

登記や相続、私たち司法書士が誰でも対応できる被災者支援策がこれからますます具体化していきます。

問題の解決のためには問題を理解することが大切です。正しい情報収集が必要とされます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年8月13日 (月)

SL復興号 ふくしまを走る

http://www.youtube.com/watch?v=idMQx5AMuos

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年8月 7日 (火)

頑張るニッポン選手団

ロンドンオリンピックで頑張る日本選手、ぞれぞれの頑張りに毎日胸を熱くしています。

東日本大震災から2度目の夏を迎えています。個人的には3年続けての新盆を迎えます。震災前、震災後に続けて天国に見送った両親、義母は今のふるさと福島の姿をどのように見ているのかな、と思うことがあります。

一瞬のために何年も努力を積み上げてきたオリンピックの日本選手の姿、自分も頑張らねばという思いを抱きます。これがスポーツの素晴らしさでしょうか。福島、東北になじみのある選手もたくさん出場しています。

間もなく震災後1年7か月、毎月11日は複雑な思いで迎えます。

昨日も半日、司法書士会長として震災関連対応で執務、懸命に被災者支援に取り組む福島県司法書士会の会員、そしてそれを支えてくれている全国の仲間に感謝する日々であります。

そんなみなさんに金メダルを差し上げたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »