« ひさしぶりの神戸 | トップページ | ふるさと絆ステーション »

2012年9月24日 (月)

避難生活の負担

警戒区域から福島市内の仮設住宅に避難していた司法書士の大先輩が引っ越したということで会いに行ってまいりました。

長期にわたる避難生活で足腰が弱り、お疲れの様子、避難生活の苦労、負担の大きさを身近に感じました。震災の1年前に初めて握手をした大先輩。相変わらず人生を刻んだ手は温かく、元気でいてほしいと願うばかりです。

帰路、原発事故への怒り、悔しさで胸がいっぱいになりました。

|

« ひさしぶりの神戸 | トップページ | ふるさと絆ステーション »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/130023/55732683

この記事へのトラックバック一覧です: 避難生活の負担:

« ひさしぶりの神戸 | トップページ | ふるさと絆ステーション »