« 師走のふくしま | トップページ | 深呼吸ができる喜び »

2012年12月10日 (月)

東京司法書士会三多摩支会との交流

東京の三多摩支会の司法書士のみなさんは、震災後、会津若松に避難する住民のみなさんと膝を交えながらの交流を通じて相談に応じる活動をしています。地域限定、対象限定のこのような支援の形は参考になります。また、まずは住民と語り合うことから・・・という姿勢には学ぶことが多々あります。

私たち司法書士は法律家ではありますが、被災者のみなさんは、法律相談ではなくとも話を聞いてくれる相手を求めているのでしょう。敷居が高い相談所には足を向けることはないのでしょうね。

まだまだ続くふくしまの被災者支援のこれからに参考になる自然体の支援の姿を学んでいます。長い支援はどうあるべきか、被災者の目線を忘れてはならないのでしょうね。

|

« 師走のふくしま | トップページ | 深呼吸ができる喜び »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/130023/56293212

この記事へのトラックバック一覧です: 東京司法書士会三多摩支会との交流:

« 師走のふくしま | トップページ | 深呼吸ができる喜び »