« 2014年1月 | トップページ | 2014年3月 »

2014年2月28日 (金)

ようやく雪解け

今月14日夜からの大雪で福島県中通り地方は交通機能が遮断され、生活に大きな影響がありました。翌週末も大雪でした。除雪の行き場がなく、道路わきに積み上げらた雪が山となり、歩道を歩けない場所もあちこちにありました。国道の歩道を歩けずに車道歩行中の女性がひき逃げ事故に遭う悲劇も起きてしまいました。「除染」作業員が「除雪」作業員に役割を変えて、必死の除雪作業のおかげでようやく道路事情も回復しています。雪害に弱い地方都市を襲撃した大雪でした。東日本大震災を思い出させる流通途絶によるコンビニの物不足にも遭遇、商品棚に物がない状態を久しぶりに目にしました。

遅れて雪かきの疲れが出ている昨今です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月16日 (日)

日本司法書士会連合会福島移動理事会

2月13日に日本司法書士会連合会の理事会が福島県司法書士会館で開催されました。通常東京で開催されていたものを被災現場を執行部の理事職の皆さんにも体感してほしいとの連合会長の思いで実現されたものです。翌14日には東北ブロック司法書士会との意見交換会が行われ、同日午後に被災地である飯館村、南相馬への視察も行いました。原発事故の影響で未だ手つかずの地域を見てもらいました。事前に立入許可を得ていた双葉郡浪江町は直前に国の立ち入り禁止通告があり、立入ができなくなりました。前回の大雪の除雪ができずにいること、大雪の際に立入をした人が携帯電話の不通等でトラブルがあったとのこと、引き続き大雪の予報がある等の理由がありました。歴史的大雪でますます復旧作業が遅れます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月 4日 (火)

北野聖造先生叙勲祝賀会

2月1日、神戸で開催された日本司法書士会連合会名誉会長北野聖造先生の叙勲祝賀会に出席をさせていただきました。全国各地から先生のご交流のある方々が列席する中、私ごときがと思いつつ、先生のお祝いを申し上げたく福島から出かけてまいりました。北野先生には、東日本大震災の前年の11月に福島県司法書士会の研修会においでいただき、震災当時、その後の市民救援活動についてご講演をいただきました。これは、阪神淡路大震災の経験を以下ずべく、風化させてはならないとの思いで開催したものでした。

まさか、その翌年に東日本大震災が起きようとは思いもよりませんでした。被災後、北野先生には被災地の会長として、助言をいただきながら、会員支援、市民救援に走り回りました。

発災3年を迎えようとする東日本大震災と原発事故の風化はすでに始まっているのでしょう。日々私どもの発信も続けていかなければならないのでしょう。復興・復旧の姿も伝えていく責任もあると思います。

北野先生から、かつて「体験したものは風化しない」という言葉をお聞かせいただいたことがあります。私ども震災当事者の体験は一生忘れられないものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年1月 | トップページ | 2014年3月 »