« 2015年1月 | トップページ | 2015年5月 »

2015年2月12日 (木)

遺言

数年前から何度か相談に事務所を訪れた方が私あての「遺書」を残して自ら天国へ旅立ちました。子どもさんをお一人残しての苦渋の思いだったのではないでしょうか。

遺族であるお子さんとともにこれから様々な問題を解決していかなければなりません。「遺書」は、だいぶ前に書かれていたもののようです。

私の事務所から遠くないところに住み、旅立たれたその日も私の事務所の前を通ったのではないかと思います。命の灯台として立ち寄ってくれればとも今さらながら悔やむ思いもあります。

一人一人の心の悩みに寄り添うことの大切さをあらためて感じています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年1月 | トップページ | 2015年5月 »