2013年2月19日 (火)

第31回法教育推進協議会

2月8日に法務省会議室で開催。小学校における法教育事業の展開を岐阜の小学校校長先生から報告がありました。学校管理者である校長先生が先頭にたっての取り組み、学校全体が意識してカリキュラムの中で「法教育」への取り組みをしている姿が見えてくる報告でした。どの教科の中でも展開できる法教育には、現場ですぐに使える教材の提供、法律専門家との連携情報等、法教育に関するアクセスポイント(拠点)が必要ではないかとかんじているところです。司法書士がネットワークを活用して拠点として活動することも考えられるかなとも思っているところですが、いかがでしょうか。

今後、協議を重ねる一方、具体策を打ち出していかなければならないと法教育の広がりは難しいのではないでしょうか。

現場での実績のある司法書士会の活動も生かしていく方法を考えていかなければなりません。未来ある子どもたちのために。

| | コメント (0) | トラックバック (0)